VOSTOK BLOG

TOP / PICK UP ITEM / たまには愛する地元のお話

TOMOTOMO

01.19

PICK UP ITEMTHU 2017

たまには愛する地元のお話

おはようございます。

今日も寒いですね..
30度の強で暖房をかけ、加湿器を朝までぶん回す夜をしばらく続けましたところ、
昨日、驚愕な請求書がポストに投函されているのを発見してしまい、相変わらず食らっております。
TOMOです。

そんな私も、19歳でVOSTOKに修行入りをさせてもらってから、気づけば23歳、今年でもう24歳になるらしいです。

24歳なんて聞いたら、『結構キツいですね』と、小馬鹿に心配していたぴちぴち高校時代の自分をはたいてやりたくなります。

何より東京で流れる時間の速さといったら、すごいです。

そしていろんな新しい刺激、遊び場、仲間が見つかる東京がますます好きになっていく最近です。

が、それもこれも、なんやかんやで東京は地方人の集まりやから馴染みやすい!というのが、1番大きいのかもしれません!!!

これは田舎もんならではの、素敵な感覚。
大事にしていきたいと思います。

さてそんな山と海と音楽の間で育った私のマイカントリー、和歌山。

毎年来たる2月6日には、『熊野御燈祭』という伝統の奇祭が行われます。

20160207220847 053-1

ざっくり言うと、白装束の約2000人の男たちが御神火を灯した松明を持って、神倉山という山の山頂から急峻な石段を駆け下るという、お祭です。
毎年、活気と血の気に溢れる1日です。
参加者の中には麓までの到着の順位を競う人もおり、女性は参加不可となっているので、女はドキドキしながら彼氏や旦那さんが駆け下りてくるのを麓で待つ、みたいなのもちょっと楽しい、地元あるあるです。

ちなみに県外の方も参加できるそうです!
池袋からは新宮まで1本で帰れる夜行バスなんかも出ています。
片道9時間。

よろしくお願いいたします。


話がそれ倒していますが、そんなお燈祭にも負けず、VOSTOKにはスペシャルプライスアイテムが登場しております。

th_IMG_3444 th_IMG_3450 th_IMG_3451 th_IMG_3455 th_IMG_3461

Souvenir Shirt
¥20017+TAX

今後、このプライスでGetは困難でしょう。
是非とも竹下通り駆け下りて、お越しください。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

本日も皆様のご来店、お待ちしております♡

Instagram
vostok_1jp
KAZU
TOMO
YUYA

この投稿で紹介したアイテム

RECENT POSTS